Office365(Word)アドイン「会社INDeX参照」提供開始!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Office365(Word)アドイン「会社INDeX参照」提供開始!!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Office365(Word)アドイン「会社INDeX参照」提供開始!!26万社のHP情報から自由に検索/PDBマーケティング株式会社

▼タイトル
Word文書から、会社情報を直接参照。法人電話帳、HP情報を社名で検索。
もうブラウザとのコピペは不要。
▼要約
ビジネスコンテンツ配信サービス専業のPDBマーケティング株式会社は、word利用中に
会社属性、活動に関する情報の直接参照サービスを開始しました。
30万社の個別HP情報と、500万件電話帳情報を基本情報として、Office365(word)
アドインとして無料提供します。

30万社個別HPニュースはオリジナルコンテンツです。
▼本文
PDBマーケティング株式会社(東京都豊島区 代表取締役:藤田 幹夫、以下
PDBマーケティング)は、マイクロソフトが戦略商品とする、Office365への
付加価値サービス=アドイン「会社の属性と活動を参照」の提供を開始しました。

1.背景
 文書の作成、編集、閲覧はOffice、及びその各種互換ソフトが利用されている。
マイクロソフトでは、クラウドに対応したOffice365においてAPIを公開し、利用者への
付加価値サービスの基盤を提供しています。
APIの公開は、「互換性」を競うOffice市場にあって、ソフトウェアの機能を超えて、
コンテンツと連携を可能とし、互換ソフトに対して、決定的な差別化となります。
残念ながら、「Officeストア」、APIの認知も低く、アドインの提供は進んでいません。
当社サービス公開時点(2016年9月)で、日本語解説アプリは数件にとどまっています。
API活用サービスの活性化を期待しながら、アドイン「会社の属性と活動を参照」
を以下の通り提供しました。

Office365を使った、文書の閲覧、編集過程で、会社情報の参照、確認、文書挿入と
いった操作は日常的に行われています。
通常は、Google検索窓への転記、コピペ検索、数万件の検索結果から対象情報を
探し出してHPへアクセス。会社概要ページリンクをたどって、対象項目のコピー。
文書に戻って、挿入です。

Office365APIの活用によって、こうした文書編集中の作業ステップ削減が可能です。
wordアドイン「会社の毒性と活動を参照」を提供、公開しました。
ぜひお試しください。
コンテンツ、サービスの改善は継続して実施していきます。

2.サービス概要
・機能
 Office365=word2013以降/word online利用中に、「Officeストア」からアドイン
「会社の属性と活動を参照」を挿入することで、文書の閲覧、編集中に情報の参照が、
wordから行えます。
・参照情報:一度の文書中の社名反転選択後の「検索」で一括表示
1) 500万件法人電話帳情報:会社名からの参照。
2)30万社個別HPから収集した、HP掲載ニュースタイトル:3日程度の遅延
3)Googleカスタム検索による参照:リアルタイム
   メディアニュース/特許関係登録情報/行政サイト/上場企業の開示情報
・料金:無料。

3.Office365アドインとは?そのメリット。
日本ではほとんど知られていないのですが、Office365/2013からAPIが公開されています。
最も普及しているExcel/Wordを利用中に、特定の情報参照などが可能です。
互換ソフトとの決定的な差異点です。
このAPIを使ったアプリケーション、サービスは「アドイン」と統一されます。
マイクロソフトの審査を受けたアドインは、「Officeストア」に登録されます。
当社では、2016年8月Excelアドイン「会社INDeX」データクレンジングが審査ストアに
登録、今回wordアドイン「会社の属性と活動を参照」も公開されました。

ストアに登録されたアドインは、Office365/2013の標準メニューから「挿入」>「ストア」
で参照できます。「カテゴリ」から「CRM」を選択してください。

Officeストアはこちら。(マイクロソフトサイトです)
https://store.office.com/appshome.aspx カテゴリCRMを
選択してください。
Office365 APIの解説はこちら。(マイクロソフトサイトです)
http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2015/07/17/office-365-api-starter.aspx

Office365アドインのメリットはExcel/Wordといった日常的に使用する環境のまま
サービスの利用が可能なことです。
様式を所定の順番に整えてCSVで転送する、結果を別途受信する。
セル情報、文書中の単語コピー、Googleの検索窓へペースト、結果リストから該当情報を
抽出といった手間が無いことです。

コンテンツを提供するプラットホームとして最適です。
今後も、様々なサービスの提供を準備しています。

4.提供コンテンツの特徴
◇30万社個別HP情報
1).情報収集方式
30万社個別HPからの自動収集・蓄積を行っています。HPの情報は、目視では、
様式が会社によって異なっていても、容易に判別がつきます。
しかし、自動収集したHTML文字列から、「会社名」「所在地」「電話番号」といった表記と
それが記述された項目を自動認識することは非常に困難です。
2年余りのパターン分析と、試行錯誤により会社情報に特化した、判別アルゴ
リズムを確立し、実用レベルの自動収集・蓄積を可能としました。
2).30万社の意味
大手調査会社では、数千人の調査員により120万社から150万社の情報を提供
しています。
150万社との対比では網羅性では競えませんが、情報鮮度、会社別情報量において勝っています。
また、HP来訪者履歴=IPアドレスからの会社属性参照は、20万件弱と推定します。
3).HP情報自動収集の優位性
A.収集コストの圧倒的な低減。
B.情報更新サイクルの短縮:他の情報が年次更新であるのに対し、会社属性は隔月更新、
  HPニュースはほぼ3日遅れで毎日更新です。
C.HP関連情報の取得・付加:全件が固有のURLを有しており、新製品発表、人事異動
  移転などの活動情報取得が容易です。

以下の独自コンテンツの網羅性を補完すべく、500万件の法人電話帳情報を利用しています。

なお、30万社個別HP情報は、株式会社知紡が蓄積したものです。
開発アルゴリズムなど知的権利は知紡に帰属します。
PDBマーケティングはサービス企画と販売を行っています。


■ 会社概要 ■
PDBマーケティング株式会社
所在地: 東京都豊島区南池袋2-49-7
     インスクエア池袋
代表者: 代表取締役 藤田 幹夫
事業内容:
・ コンテンツアグリゲーション
・設立年月日: 2009年2月17日
本件解説 : http://www.p-db-m.com/wp3/office_addin1
会社URL: http://www.p-db-m.com/


▼本件に関するお問い合わせ先 ※必須事項

【本件に関するお問い合わせ先】
PDBマーケティング株式会社
担当: 藤田
TEL: 090-6145-4674(藤田ダイレクト)/ FAX: 050-3156-2784
Email: info@p-db-m.com

以上