2015年1月13日サイボウズkintone_pluginを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2015年1月13日サイボウズkintone_pluginを公開
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
2015年1月13日サイボウズkintone_pluginを公開26万社のHP情報から自由に検索/PDBマーケティング株式会社

2015年10月29日記
 以下のkintone_plugin サービスが、現在稼動しなくなっています。
 ご迷惑をおかけしますが、別途新規サービスでのリニューアルを準備します。
 お問い合わせは以下からお願いします。
 お問い合わせはこちらから

2015年1月13日記

本日、PDBマーケティングはサイボウズ社kintoneのpluginサービス開始に合わせて、

会社INDeX 30万社HPニュースの提供を開始します。


サイボウズ社からのリリース内容は以下から
http://group.cybozu.jp/news/15011301.html

kintone_pluginの説明ページは以下に
https://kintone.cybozu.com/jp/feature/plugin.html

PDBマーケティングの告知ページは以下
http://www.p-db-m.com/wp3/kintone_plug-in

私たちは、今回のサイボウズ社の新サービスとの連携を大切にして、ビジネスコンテンツの
普及に注力します。
会社の「参照」需要も「検索」同様日常業務に広範に存在しています。
この市場開拓を狙います。

ソフトウェアプロダクト/サービス会社へのOEMは積極的に推進します。
本来コンテンツは後から活動を支えます。
低価格でAPIサービスを公開します。
お問い合わせはこちらから

今回のpluginサービスの狙いは以下の通りです。

ビジネスコンテンツ市場開拓へ全開!!
『成功するまで失敗する』しかし、一人の人間の活動時間は有限です。
その中で、あるレベルの結果を得るためには創意工夫です。

一方で、既存商品の改良ではなく、新市場開拓は自分の努力、製品完成度だけではなく、
世の中がそれを必要とするタイミング、広く告知し、受け入れられる環境も必要です。

私は、ビジネスコンテンツを自分のビジネス対象として30年、そのテーマで起業後15年、
そろそろ世間も必要としてくる?と期待です。
一方的な想いだけではなく、サービスへの関心、様々なソフトウェアがコンテンツにシフトを
始めています。
残念ながら、ベンダー自身が正しく理解していないケースがまだ多数ですが。

2014年の終わりに注力してきたマッシュアップ=情報の寄せ集めもその流れで捉えます。
アプリケーション、ソフトウェアの機能競争はもう限界まできています。
Excelに代表される個人利用ソフト、SAPなどの基幹システム、ORACL、3DCAD etc

数年間画期的な変化はありません。
新しいソフトを作る想像力は、より自由度が高いゲームに向かっています。
FF(ファイナルファンタジー)以降、新しいソフトサービスもどんどん生まれています。

SNSも仕組み=機能での優劣ではなく獲得した利用者の囲い込みです。
利用者が提供するコンテンツで差別化されます。
今からfacebookを超えるのは至難。不可能ではないが。
コンテンツへの潮流です。

サイボウズはスケジュール共有、ワークフローなど業務支援ソフトで、Lotusノーツが
創った市場を国産ソフトのきめ細かさなどで席捲しました。

次の市場を、現場からの業務革新に設定し、カスタマイズツールとしてkintoneを提供、
一定のユーザを獲得しています。

現在の、カスタマイズの対象はソフトウェア機能中心です。
アプリストアとして選択肢を増やしています。ビジネスアプリケーションです。
そろそろコンテンツの出番が!

業務革新は、「コンテンツと一体で実践する」を訴求します。

勘定奉行、PCA、弥生、ミロクなど会計ソフトはそれぞれ公称30万社以上の
ユーザがいます。30万社X4社=120万社は、それぞれの取引先を個別に入力です。
古いデータや間違いもたくさんあります。しかたないことでした。

30万社HP検索など、コンテンツサービスを使えば明らかに改善できます。
膨大な時間がもっと有効なことに使えます。
ただこちらは、まだ機が熟していません。待ちます。

サイボウズは、kintoneを新規市場開拓の中心として現在のユーザ1900社からの拡大を
狙っています。カスタマイズの容易さがカギとなります。

ゲームの世界では当たり前になったコンテンツの価値をビジネスで実践です。
ゲームの課金対象となる「アイテム」はコンテンツです。
実は、コンテンツ課金はもう日常的に受け入れられています。

まだ限定的ですが、対象ソフトウェア、連携できるベンダーとしてサイボウズが確定です。
次は、利用者にとって有効で、使いやすいサービスの提供、創意工夫です。
私たちの努力の領域です。

年末年始は、そのための最適な時間でした。

ビジネスコンテンツの本来の市場は、マイクロソフトoffice、120万ユーザを持つ
会計ソフトです。
その市場熟成のためにも、kintoneが先行します。

2015年サイボウズkintoneと共に、30万社HP検索はゼロから価値を生み出します。
注目ください。

以上